シジクレイ シジクレイ
Googleアナリティクスで特定の「参照元 / メディア」でデータ分析する方法

はじめに

Googleアナリティクスでは、カスタムレポートなどを使って「メディア」、「参照元/メディア」「ランディングページ」といった切り口でのデータを見ることができます。

しかし、特定の「参照元/メディア」でのランディングページ別でのデータを見るには一工夫が必要です。

今回は、上のような見方をしたい場合のGoogleアナリティクスの使い方をまとめておこうと思います。


使い方

下の画像のようにセグメントを使います。


まずセグメント追加をクリックし、「新しいセグメント」という赤いボタンを押します。

次に、左側の条件という部分で、「参照元/メディア」を自分がみたいものにします。

例)google / cpc、yahoo / cpc など


これで、セグメントに名前をつけて保存すると、これまで見ていた各指標がセグメントされたデータになります。


例えば「google / cpc」のセグメントを作成したとします。

その状態で、ランディングページ別のデータを見ると、参照元 / メディアが「google / cpc」のユーザーの情報のみを見ることができるようになります。


補足

セグメントは、かなり便利で、複数の条件で絞り込むこともできます。

セグメントで絞り込める例(一部)

  • 参照元(Source)
  • メディア(Media)
  • キャンペーン(Campaign)
  • デバイス(PC、タブレット、モバイル)
  • ランディングページ
  • ページ
  • GAイベント(イベントカテゴリ、イベントアクション、イベントラベル)
  • 時刻

他にも様々な条件で絞り込むことができるので、使いこなせるようにしておくと、かなり分析のレベルが上がると思います。