tabasha
リライトにおけるヒートマップの活用方法

記事リライトをしようとした時、どの部分がよく見られているのか気になるかと思います。そんな時に活用できるのが、ヒートマップです。

ツールによって機能は多少異なりますが、今回はSiTestでの活用方法をご紹介します。


色の変化から読み取る

まず、確認するのは「スクロール」です。ヒートマップといえばこの画面が思い浮かぶのではないでしょうか。赤~青のグラデーションになっており、赤ければ赤いほどよく見られています。

理想は全面真っ赤であることですが、記事の途中でも疑問が解決すればユーザーは離脱するので、下に進むごとに青に近づいていきます。しかし、突然赤くなったり青くなったりと色の差が激しい箇所もありますよね。では、その改善方法を解説します!


突然赤くなる

色が黄色や緑になっている中、一箇所だけ赤くなっていることがあります。

これは比較的ユーザーニーズの高い内容のため、ユーザーが目次から飛んだり、スクロール中に目が止まって熟読しているサインです。

こういったユーザーニーズが高い内容は、なるべく記事の上部に持ってくることをおすすめします。記事上部に持ってくることで、ユーザーが知りたい情報をいち早く知ることができ満足度も高まります。たまに、最後まで読ませようと、目当ての内容を最後に持ってきている記事もありますが、読んでいる側としては「めんどくさい!」って思いますよね。ニーズがあるいようは上部に持ってきましょう。



突然青くなる

赤や黄色の中、突然色が青や紫になっているパターンです。

この場合、色が変化している部分からユーザーのニーズにそぐわない内容になっているのでしょう。読み飛ばされたり離脱されてしまっているので、そんな部分は削除してしまいましょう。色が変化して以降ずっと青くなっている場合は、その部分でほとんどのユーザーが離脱してしまっているので、そこまでの内容にわかりにくい名要や単語がないかなど確かめ、内部リンクが入れられるようであれば差し込みましょう。サイト内を回遊してくれるので、獲得したユーザーを飽きさせずに済みます。


マウスの動きから読み取る

SiTestには「マウスグラフィ」と「マウスクリック」という機能もあり、記事を読む際にカーソルを置いた位置やクリックした箇所がわかります。

カーソルを置いていた位置は、ユーザーが見ている目線を表しているものと判断できるので、「どこを注視していたのか」を把握することができます。

クリックされた位置はボタンがないと意味ないんじゃないの?と思う方もいるかも知れませんが、文中でクリックされている場合は「クリックできると思った」「わからない単語だった」ということが多いです。

クリックできるように見える場合は、UIを改善する必要がありますが単語がわかりにくい場合は、わかりやすい単語に言い直したり、解説を加える必要が出てきます。


さらに「どのタイミングでどのくらい離脱したのか」「どれくらいの人がどこまで到達したのか」を知りたい場合は、詳しい情報を見るのボタンから、その数値を見ることができるので、離脱ポイントを押さえて内部リンクを置いたり情報の追加を行ってください。


まとめ

ヒートマップにおけるリライト方法について解説しましたが、リライトにとって重要なのは上位サイトを見て分析することなので、あくまでリライトのヒントとして活用してください。