near near
【Google / Yahoo リスティング】数値分析・仮説立案 vol.1

はじめに

こんにちは。twooiです。

今回はリスティング広告を運用する際の

数値確認からどういった仮説をたてられるのか?という

私なりの仮説の立て方を数回にわたりご紹介できたらと思います。


運用の思考過程の全体像はこちらからご紹介しております。

https://mariana.tokyo/posts/24


目次

  1. 検索クエリの減少
  2. 下部impのほうがCV上がる可能性
  3. 競合の入札単価変更

詳細

検索クエリの減少

【事象】

・imp減少

・impシェア一定


【仮説】

検索クエリが減少?


下部impのほうがCV上がる可能性

【事象】

・最上(or上部)impシェア上昇

・CV取れていない

・その他一定


【仮説】

下部表示のほうがCVされやすい?

→「〇〇とは」というクエリにつかわれるKWだとこういうことが起こったりします。


競合の入札単価変更


【事象】

・CPC高騰

→この段階で

①自社KW品質が落ちた

②競合が入札価格を上げた

③競合のKW品質 が要因の選択肢として上がります

(構造のご紹介はこちらから

  https://mariana.tokyo/posts/23 )

・CTR減少


【仮説】

・自社KWの品質が落ちた?

・競合の品質or入札価格が上がり上部表示されCTRが落ちた?


おわりに

今回は上記3つをご紹介させていただきました。

まだまだ深い考察ができたり、商材や運用方針・外部状況によっては違う仮説が立てられるかと思いますので

参考程度にご活用いただければと思います。


ありがとうございました。