アラジン アラジン
BASEを使って、Instagramと連携させるまでやってみた

まずはじめに

みなさん、BASEはご存知ですか?

BASE公式ページ

こちらなのですが、ECサイトを作るためのCMSのツールです。

簡単に登録ができ、かつ無料で利用できるので、これからECサイトを作るという方にはかなりおすすめのCMSです。


この記事では、BASEをInstagramアカウントと紐付ける方法について紹介していきたいと思いますが、その前になぜInstagramとの紐付けが必要かについて説明します。


Instagramとの紐付けがなぜ必要か

ECサイトを作って一番困るのが集客だと思います。

BASEを使うことでECサイトを簡単に作ることができますが、基本的には集客のお手伝いはしてくれません。

(アカウント(サイト)が人気になることで、BASEアプリ内で露出するということはあります。)


ECサイトで利益を出したり、生計を立てたりするためには出品している商品が売れなければ意味がありませんよね。

マーケティング活動において、集客を行うことは必要不可欠とも言えます。

そこで集客チャネルとして利用できるのがInstagramです。(もちろん他の方法もありますが、、、)

Instagramでは、タグという便利な機能があるので、このタグを有効に活用することでより多くの人に投稿をみてもらうことができるようになります。また、Instagramは写真を軸としたSNSなので、商品を宣伝するのに向いています。商品を販売したいターゲットが若い層(高校生、大学生など)なら絶対やっておいたほうがいいと思っています。

また、Instagramの投稿に商品のタグを設置することもできるので、より自分の商品を宣伝できます。


Instagramから多くのユーザーをBASEに集客し、利益を伸ばしていくためにも、まずはBASEとInstagramの紐付けが必要というわけです。

どうやって紐づけるか

では、実際にどのようにしてBASEとInstagramを紐づける(連携する)か順番に説明していきます。

1. BASE内でInstagramAppをインストール

BASEは様々なツールと連携していて、その一つにInstagramがあります。

なのでまずはBASEの「Apps」というメニューから「Instagram販売」をインストールします。

2. Facebookページと連携

次にBASEとFacebookページを連携させます。

そのためには、BASEと紐づけるためのFacebookページが必要になりますので、まだ作成していない場合はECサイト用のFacebookページを登録してください。

登録が完了したら、BASEから連携を行います。

いくつか作業を進めるとBASEとFacebookを連携できます。

(そこまで難しくないのでここでは説明を割愛します。)

3. InstagramとFacebookを連携

次は、InstagramとFacebookの連携です。

そのために、まずはInstagramアカウントを普通のアカウント(デフォルトで設定されているアカウント)からプロアカウント(クリエイター、ビジネスどちらでも可)に切り替えます。

切り替えの途中でFacebookページにリンクという画面が出てくるはずなので該当するFacebookアカウントとリンクさせます。



InstagramとFacebookの連携には審査があり、数日ほどで審査が完了します。

審査に通ればBASEとInstagramの連携が可能になります。

補足

BASEとInstagramの連携が完了すれば、BASEに出品している商品を、Instagramの投稿にタグという形で紐づけられるようになりますが、ここで少し注意点としてはBASEに出品した直後はInstagramでタグが表示されないので1日ほど経過してからInstagramで投稿するようにしないといけません。


実際にどのように集客して商品を売っていくかの戦略については別の記事で紹介できればと思います。


おしまい。