シジクレイ シジクレイ
YDNのリストの紐付けトラップ

リマーケティング広告を行うときに、リストの紐付けを行うかと思います。

どのようなユーザーに対してリマーケティングを行うかによって様々な種類のリストを作っているという方も少なくないと思います。


まず、Google広告についてですが、GDNでは複数のリストを紐付けたリマーケティングを行うことができます。

これにより、AというユーザーグループとBというユーザーグループに対して同じクリエイティブでリマーケティングを行いたい場合にも、複数のクリエイティブを作ることなく配信ができます。

※リストに対する効果検証を行いたい場合には、あえて広告グループを分けるのもありかなと思います。


YDNのトラップ

YDNのトラップは、「一つの広告グループに対して一つのリマーケティングリストしか紐付けできない」ということです。

なので、複数のリストに対して同様のクリエイティブを用いてリマーケティングを行いたいという場合には複数の広告グループを作る必要があるということです。


すでにリストの紐づいている広告グループに対して、追加でターゲットリストを紐付けようとすると、リストが上書きされてしまいます。


これを知らないと、リマーケティング広告の配信量が一気に減少するということもありますので、トラップに引っかからないように注意してください。