らっきー らっきー
PPC広告とは?施策別との関係性も含め解説

PPC広告とは?

PPC広告とはPay Per Clickの略で、

1クリックに対して課金する広告の「課金モデルで説明した」広告の種類のことを指します。

クリック当たりの単価、つまりCPC(Cost Per Click)は

ざっくり説明すると配信する配信面にかける金額や広告主の数(つまり需要量)と

配信面の枠数(つまり供給量)で決定します。



PPC広告に属する広告配信の種類は?

前述したとおり、課金モデルで説明した」広告の種類のことを指しますので、

このPPC広告、という枠組みの中にディスプレイ広告やリスティング広告など、

広告の配信手法の種類が分岐して出てきます。

つまり下図のような形です。

ただし、例えばディスプレイ広告という配信手法でも、クリックに対しての課金モデルや

表示回数、つまりimpの数に課金するモデルなどがありますので、

この図式では正直覚えづらいです。


これを課金モデル×配信手法で別軸としてまとめることが可能なので

といった形でまとめています。

課金モデルには

・PPC/CPC課金:クリックに対しての課金

・CPM/CPI課金:表示回数(impression)に対しての課金

・成果報酬型課金:コンバージョン(CV)に対しての課金

・期間保証型課金:〇月〇日~▼月▼日まで、といった形で期間で課金

があります。


対して広告配信の手法に関しては上図の

・リスティング広告:検索結果に出てくる主にテキスト状の広告

・ディスプレイ広告:webサイトに出てくる主に画像や動画込みの広告

・アフィリエイト広告:広告主・webサイト運営者以外の第3者によって主に紹介記事などで訴求する広告

以外にも

・OOH(=Out of Home):交通広告など

・TVCM

・タイアップ広告:雑誌・webメディアの編集部とタイアップした商材紹介型記事広告

などがありますのでご注意ください。

※ただし大体は期間保証になります。