シジクレイ シジクレイ
サイトリンク(GoogleAds)とクイックリンク(YSS)の設定の違い

まず、サイトリンクとクイックリンクは基本的には同じなのですが、媒体(GoogleとYahoo!)によって別々の名前のつけ方をしているだけなのでそこまで気にする必要はありません。


それぞれについて説明していきます。

サイトリンク(Google)

サイトリンク(Google)とは、検索広告の拡張機能の一つです。GoogleAdsの管理画面で広告文の入っているところで、「広告表示オプション」というタブがあるので、そこから設定ができます。

具体的にどのようなものかというと、通常の検索広告で表示される広告文や説明文の下にテキストリンクやそのテキストリンクの説明文を設置することができます。


サイトリンクの表示条件としては、検索ページで1位で検索される必要があります(もしかしたら間違っているかもしれませんが、おそらく合っています)。

また、検索広告のリンクを同じページのサイトリンクを作成した場合でもおそらく表示されると思います。

あとは基本的に難しい設定はないので、クリック率を上げるためにもつけておいたほうがいいかと思います。

クイックリンク(Yahoo!)

次にクイックリンク(Yahoo!)についてですが、YSSではクイックリンクオプションという名称です。

どこにあるかというと、「広告表示オプション」をクリックすると、どの広告表示オプションを設定するかを選択できるプルダウンが出てくるので、「クイックリンクオプション」を選択します。


次にその下の「オプション一覧」のタブをクリックして「+オプション作成・編集」から作成できます。



この時点で少しややこしいのですが、ここからもう一段階ややこしいです。

実際に作成画面に入るとわかると思うのですが、クイックリンクを作成する時点ではキャンペーンや広告グループへの紐付けができません。

なので、一度クイックリンクを作成してから広告グループへの紐付けを行います。ここでの注意点としては複数のリンクを同じ名称で作成すると、キャンペーンや広告グループと紐づける時に見分けがつかなくなるので注意が必要です。

表示条件としては基本的にはGoogleと同じだと思います。


YSSのクイックリンクにはもう一つ注意点があって、キャンペーンエディターを使ってもうまく入れられなかったということです。

(これは僕が試した時にそうだっただけで、もしかするとうまいやり方があるかもしれませんので、色々試してみてもいいかもしれません。)

最後に

サイトリンクを設定することで視認領域を他の広告より大きくすることができるので、基本的にはクリック率が上がります。

さらには、複数のリンク(URL)を表示できるので、より成果に繋げられるのかなと思っています。

ただ、ブラウザの管理画面からの入稿はGoogle、Yahoo共に面倒なのでエディターを使った一括入稿の方がおすすめです。