まりん まりん
コスメ業界のマーケティングについて part1

私は今コスメのマーケティングに携わっているので、

商流など、コスメのマーケティングに間することをつらつらと書いていきます。


今回は分かりやすくマーケティング4Pにフォーカスして

コスメ業界が普段どういった視点でマーケティングをしているのかを何回かに分けて説明します。


目次

1.Product

→今回はここ

2.Price

3.Promotion

4.Place


※本来promotionが4番目に来たりと普通の紹介とはちょっと順序が違うのですが

ちょっと意図がありこの順番にしています。

簡単にいうとprice/promotionがplaceに関わってくるよ、という事なのでぜひこの先も見てみてくださいね!

Product(商品企画)

まずは商品企画部分に関してです。

企業によってまちまちですが、

主にここで気にするのが

・そもそもの商品カテゴリ

→化粧水?乳液?など

・商品コンセプト

→エレガンスな感じ?どんなメッセージを込めたもの?など

・実際の性能

→保湿重視?敏感肌用?など


上記を

・リサーチ会社にリサーチをお願いして市場を見つける

・デザイナーと共にコンセプト立案する

・自社開発でない場合、OEM(つまりコンセプトや機能を固め、生産を外注すること)に委託したりします。


さて、ここからは少し主観的な部分もはいってきますが、

コスメのマーケティングにおいて、市場を見つけるのはめちゃくちゃ難しい。

なぜなら上記のOEM開発の場合、30万もあれば生産できて化粧品の会社を設立することが可能で

めちゃくちゃ参入障壁が低いからです。競合がガンガン出てくるわけですね。


その上で市場を開拓・競合と差別化するためには大きく下記2点の方向に収束します。

①最新鋭の成分を開発・製品に組み込む、「機能的価値」の強化

②製品コンセプト、つまりブランドを強化する「情緒的価値」の強化


各方向性でそれぞれ難しさはありまして、


①の場合、

・そもそもの開発力が必要。中長期で見た技術的・人材的投資が必要になってくるため、資金力のある企業でないと難しいです。

・難しい成分に手を出せば出すほど、成分・機能の「伝達力」が必要。つまりユーザーに伝わりづらくなる。


②の場合、

・コンセプト、という概念的なもののため、発案やデザインの落とし込みが難しい。

→特にコンセプトの生み出し(0→1)はリサーチで発案できるものではないため、ファクトを集めづらい。ほぼ集められない。

・ブランドを定着させていく作業のため、中長期的に同じコンセプトを発信し続ける胆力が必要。


さて、この二軸で考えたときにやはりマーケティングとしてうまかったなーと個人的に感じるのは

UZU(元flowfushi)だったかなと思います。ぜひ検索などで調べてみてくださいね。