シジクレイ シジクレイ
GTM(Googleタグマネージャ)を使ってみた

はじめに

新しいサイトを作ってGoogleアナリティクスとかのタグを埋め込みたいと思っていました。

しかし、新しいタグを入れようとするたびに新しいタグをheadタグに埋め込まなければいけないので、流石に面倒だなと思ったのでGTM(Googleタグマネージャ)を使ってみようと思いました。

タグマネージャとは、Webサイト用のタグを一元管理するためのツールです。他に有名なものだとYahoogタグマネージャ(YTM)というものもあります。

タグマネージャを使えば、新しいタグを設置しようとするたびに開発する必要もなく、簡単にタグを設置できます。


といっても今まで使ったことなかったので、次回から使えるようにここでまとめておこうと思います。


設定

アカウントの開設

まず以下のサイトにアクセスします。

Googleタグマネージャ公式サイト

以下のようなページが出てくると思うので「今すぐ登録」ボタンを押します。


すると、以下のようなGoogleタグマネージャの管理画面に入ると思うので、そのページで「アカウントを作成」をクリックします。


次に、以下の画面でアカウントの各種情報を入力してください。

この時、アカウント名は会社名ではなくWebサイトの名前などに設定しておく方が後々運用するWebサイトが増えた場合にも運用しやすいです。



入力項目を埋めると「作成」ボタンを押せるようになるので、クリックしてください。

利用規約を読んで右上の「はい」を押せばアカウントの開設は完了です。


GTMのタグ設置

次に、タグの設置方法についてまとめていきます。

アカウントの開設が完了すると、そして、実際に設置するタグが表示されますのでそのタグをそのままサイトに貼り付けてください。

貼り付けるタグは2種類でそれぞれheadタグとbodyタグに埋め込みます。

(詳細についてはGTMの画面上に書いてますので、それを参考に設置してください。)


タグを設定

Webサイトでの設置が完了したら、次はGoogleアナリティクスなどのタグを設定します。


左側のメニューの「タブ」をクリックします。

すると上のような画面が出てくるので「新規」を押します。

以下のような画面に遷移するので、タグ名(例)Googleアナリティクス)をつけて、まずは「タグの設定」をクリックします。



ここから先は、自社で使っているタグを設定していくことでいろんなタグを一元管理することができます。

最後に

GTMやYTMなどのタグマネージャを使うと、かなり楽にタグを管理することができますので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。